アリタリア‐イタリア航空(読み)ありたりあいたりあこうくう(英語表記)Alitalia - Compagnia Aerea Italiana S.p.A.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリタリア‐イタリア航空
ありたりあいたりあこうくう
Alitalia - Compagnia Aerea Italiana S.p.A.

イタリアの航空会社。旧社名アリタリア航空Alitalia Linee Aeree Italiane S.p.A.であったが、2009年1月に現在の名称に変更した。社名のアリタリアは、「イタリアの翼」の味である。

 1946年、イタリア政府47.5%、英国欧州航空会社(BEA、現、ブリティッシュ・エアウェイズ)30%、民間22.5%の出資比率の合弁会社として出発。第二次世界大戦後、イタリア国内には34の航空会社が乱立していたが、整理統合が進み、1955年にはイタリア航空Linee Aeree Italiane(LAI)とアリタリアの2社だけが定期便会社として存続し、1957年に両社の合併により、資本金100億リラの新生アリタリア航空が誕生した。1962年東京乗り入れ。1968年には保有機をすべてジェット機化した。1970年代はオイル・ショック(石油危機)や労使紛争で経営悪化に陥ったが、不採算航路の廃止、燃費のよいボーイング727シリーズへの切替えで対応した。1980年代はチャーター便の会社アエレメディテッラーナAermediterraneaを設立するなど多角化を行ったが、エールフランス航空やルフトハンザ・ドイツ航空との競争で市場シェアを減少させ、経営悪化は継続した。1990年代に入って、機体の老朽化、サービスの低下で、利用者を伸ばすことができず、大株主のIRI(イリ)(産業復興公社)は1994年にレナート・リベルソRenato Riverso(1934― )を社長に任命し、彼のもとで、続けざまに経営改革と労使関係の改善がなされた。1994年にコンチネンタル航空、1995年にカナディアン航空(現、エア・カナダ)との業務提携を行った。1996年以降、規制緩和でヨーロッパの航空市場は競争が激しくなったが、アリタリアは低運賃市場に参入し、アリタリア・チームを結成したり、地域航空会社アリタリア・エクスプレスを設立したりした。このような戦略の結果、1997年には1988年以来初めての黒字化に成功した。これを契機に、IRIは持分を53%に削減し、従業員が20%の持分をもつことになった。1998年にKLMオランダ航空と業務提携し、翌1999年には同社とのパートナーシップを強化した。しかし、2000年4月、ミラノのマルペンサ空港拡張計画の遅れが原因となり、両社は業務提携を解消した。なお、これについて不満をもったアリタリアはKLMオランダ航空をヨーロッパ裁判所に提訴し、1億5000万ユーロの支払いを受けた。

 2000年に大株主のIRIが解散し、アリタリアは財務省の管理下に入った。2001年に、デルタ航空、エールフランス航空と提携関係に入り、国際的な航空連合スカイチームのメンバーとなった。2001年に政府の持分を53%から62%に増加させ、翌2002年、アリタリアは利益を計上することになったが、その後は赤字に転落し、従業員の削減を行った。2004年には再度労働争議がもちあがり、経営陣の交代も行われ、同年イタリア政府は4億ユーロの融資をヨーロッパ連合(EU)から受けたが、それにあわせて政府の持分は49%に減少させることになった。1996年から2005年までにイタリア政府は、45億ユーロをつぎ込んだが、結局経営改善にはつながらなかった。

 2006年の売上高は62億3300万ドルで、8億2500万億ドルの営業赤字。赤字は2003年より継続しており、2004年には11億0800万ドルの赤字を計上している。グループの従業員数は2002年には約2万2500人であったが、2006年には約1万1000人となった。2008年8月倒産。管財人のもとで再建策が練られたが、投資家グループのCai(Compagna Arena Italian)が、11億ユーロを投入して、イタリア第2位の航空会社エアワンAir Oneと合併させ、2009年1月新たにアリタリア‐イタリア航空を発足させた。また2009年1月に「エールフランス-KLM」(エールフランス航空とKLMオランダ航空の共同持株会社)と戦略的提携関係を結んだ。

[湯沢 威・上川孝夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

アリタリア‐イタリア航空

ローマに本社を置くイタリアの航空会社。社名の「アリタリア」はイタリア語の「アリ(翼の意)」と「イタリア」を掛け合わせた造語。「アリタリア航空」とも略される。国際航空連合のスカイチームに所属し、ヨーロッパ、中東、アフリカ、オーストラリア、アジア、南北アメリカの主要都市を結ぶ国際線と国内線を運営する。同社の前身は、1946年に設立され、2008年に経営破綻したアリタリア航空。その主要資産をイタリアの投資家連合コンパニア・アエレア・イタリアーナ(CAI)が引き継ぎ、09年に現在の社名で発足した。しかし、その後も経営難は続き、14年にアラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空から出資を受けて再スタートを図るも、17年に自力での再建を断念した。以後は政府が選んだ管財人の下で再建が進められる予定となっている。

(2017-5-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android