コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリー・パシャ Ali Paşa, Tepedelenli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリー・パシャ
Ali Paşa, Tepedelenli

[生]1744
[没]1822
オスマン帝国末期,ヨアニナを中心に北部ギリシア,南部アルバニア一帯に勢力をもった豪族。 18世紀末にはヨアニナ城を本拠に半独立の侯国を樹立し,勢力を拡大した。 1820年以後,オスマン朝政府との関係が悪化するとマフムート2世フルシト・パシャを討伐に差向け,22年アリー・パシャは3人の息子ともども処刑された。ヨアニナ城陥落は,A.デュマの小説『モンテ=クリスト伯』に題材を提供したといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリー・パシャの関連キーワードギリシア史[近代]レシト・パシャカライスカキスチャンダルル家アルバニア史コレッティスジヤ・パシャイオアニナビララス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android