コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルケスチス アルケスチスAlkēstis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルケスチス
Alkēstis

ギリシアのエウリピデスの悲劇。前 438年,サチュロス劇の代りに上演されたと伝えられる。ペライの王アドメトスは死期が近づいたとき,身代りを立てれば救われることを知る。父も母も断ったが,妻アルケスチスが進んで応じて死神とともに冥府へ向う。たまたま客となったヘラクレスがこれを知ってあとを追い,アルケスチスを奪い返してくる。アドメトスが前半特にエゴイストとして現れたり,神話世界の事柄が日常的論争や揶揄の対象となるなど,喜劇的要素が強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルケスチスの関連キーワードバフラム5世北燕ミフル・ナルセー簡易裁判所西北五広域連合のマスタープランリニア中央新幹線計画県の過疎地域における集落実態調査ピンダロスつるぎ[町]テオドシウス[2世]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android