アルケスナン(英語表記)Arc-et-Senans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルケスナン
Arc-et-Senans

フランス東部ドゥー県,ジュラ山脈のふもとにある岩塩鉱山の町。ルイ16世の命により建築家 C.N.ルドゥーが 1775年から 1778年にかけてこの地に王立製塩所を建設した。当初は製塩所を中心とする同心円状の地区に労働者の住宅などを配置するという画期的な町づくりが計画された。製塩所は営業開始後まもなく品質の低下,設備の欠陥などにより経営に行きづまるが,1895年まで工場は稼働した。1926年製塩所管理棟は取り壊されたが,その建築的価値が再考され 1936年から修復が始まった。日の目をみることのなかった都市計画は模型となり,かつての製塩所長宅跡の資料館に展示されている。1982年,製塩所が世界遺産の文化遺産に登録。2009年には南東にあるサランレバンの大製塩所を加え拡大登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android