コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴリス アルゴリスArgolis

翻訳|Argolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルゴリス
Argolis

ペロポネソス半島東部に位置した古代ギリシアの一地方。現在のアルゴス平原と東部山岳地帯のアクテ半島から成っている。ミケーネ,チリンスの遺跡により,ギリシア最古期の先進地域であったことが知られる。ドーリス人侵入後はアルゴスがほとんど全域を統一支配した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルゴリス【Argolís】

ギリシア本土の南部,ペロポネソス半島北東部に位置し,東西はサロニコス湾アルカディア山地に,また南北はアルゴリコス湾とコリントス地方とに挟まれた,半島状の地方。現在は1県をなし,県都はナフプリオンNávplion(古名ナウプリア)。古代ギリシア史の最古期にあたるミュケナイ時代には,政治・文化の先進地帯として栄えた。ミュケナイティリュンスの王城址は,それを示す代表的な遺跡である。ミュケナイ時代終焉ののち,この地方にはドリス人の支配する都市国家が多数成立したが,それらのなかでもっとも有力だったのがアルゴスArgosで,このポリスは,以後,南方の強国スパルタと敵対しつつ,ペロポネソス半島の一方の雄たるの地位を占めつづけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルゴリス【Argolis】

ギリシャ、ペロポネソス半島北東部の地域。ミケーネ・ティリンスなど古代遺跡が多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルゴリス
あるごりす
Argolis

古代ギリシアにおけるペロポネソス半島北東部の地域。アルゴス、ミケーネ、ティリンスエピダウロス、トロイゼンなどを含んだ。ミケーネ文明の繁栄する中心地となり、紀元前1100年ごろからドーリア人が侵入、支配し、ポリス(都市国家)のアルゴスがもっとも有力になったが、アルゴリス全域のアルゴス領化には至らなかった。
 今日のアルゴリスはギリシア南部の県で、面積2214平方キロメートル、人口9万3020(1981)。県都ナフプリオンNvplionは人口1万0609(1981)。農業地帯で、オリーブ、ブドウ、綿花、タバコなどを産する。[清永昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルゴリスの関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)ミケーネとティリンスの古代遺跡群アルゴス(都市国家)アンフィクティオニアマクリヤンニスミュケナイ文明パウサニアスペリオイコイネメアの獅子ギリシャラコニアポロス島イドラ島ネメアテーベ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android