コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルシノエ2世 アルシノエにせいArsinoē II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルシノエ2世
アルシノエにせい
Arsinoē II

[生]前316頃
[没]前270.7.7.
エジプト,プトレマイオス朝時代の女王。プトレマイオス1世ソテルの娘。クレオパトラ7世と並ぶプトレマイオス朝の女傑。前 300年トラキア王リュシマコスの妻となり,わが子を王位につけるため,先妃の子アガトクレスに反逆の罪を着せ,処刑させた。このため内乱となり,セレウコス朝との戦争に発展,前 281年リュシマコスが戦死するとエジプトの兄プトレマイオス2世フィラデルフォスのもとに逃れた。しかしここでも策を弄して王妃アルシノエ1世を陰謀のかどで追放させ,兄と結婚,権勢の拡大に努め,夫とすべての権限を共有し,多くの都市にみずからの名を冠した。死後,女神とされ,大神殿アルシノイオンが建立された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルシノエ2世の関連キーワードプトレマイオス[2世]プトレマイオス(2世)ベレニケ1世リシマコス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android