アルタイのゴールデン-マウンテン(読み)アルタイのゴールデンマウンテン

世界遺産詳解の解説

アルタイのゴールデンマウンテン【アルタイのゴールデン-マウンテン】

1998年に登録されたロシアの世界遺産(自然遺産)。アルタイ山脈のアルタイ自然保護区、テレツク湖周辺、最高峰のベルハ山(標高4506m)周辺の高山地帯、ウコク高原を含む一帯などが世界遺産として登録されている。ここは、ロシア連邦のアルタイ共和国ゴルノ・アルタイ自治州の州域となっている。このエリアにはカラマツ、モミなどの針葉樹の森(タイガ)やステップ地帯、亜高山~高山帯などの多様な植生があり、これらが良好に保たれていることや、ユキヒョウやアルタイ・アルガリ(ヒツジの一種)、イヌワシ、カタジロワシなど絶滅危惧種の重要な生息地・保護区になっていることが世界遺産にふさわしいとして評価された。世界遺産の登録名として採用された「ゴールデン・マウンテン」は、「アルタイ」がモンゴルの言葉で「金の山」を意味する言葉であることによる。◇英名はGolden Mountains of Altai

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android