コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ文化 アルタイぶんか

2件 の用語解説(アルタイ文化の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アルタイ文化【アルタイぶんか】

アルタイ山地,ミヌシンスク盆地に栄えた新石器時代から鉄器時代に至る文化の総称。通常,6期に分かれる。(1)先アファナシエバ期(新石器時代)。(2)アファナシエバ期(前2500年―前1705年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルタイ文化
あるたいぶんか
Алтай Altai 

アルタイ山麓(さんろく)に形成された新石器文化である先アファナシェボ文化(紀元前四千年紀に成立)から、紀元前後に成熟をみたパジリク文化(前500~後100)に至る諸文化の総称として、広義に用いられることがある。しかし、文化の名称としては、今日では適切でなく、あまり使用されていない。[大塚和義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルタイ文化の関連キーワード奥秩父秩父盆地豊岡盆地奈良盆地都城盆地網主浮きぬ沈みぬジュンガル盆地セミヌードアルタイ山脈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone