コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルトア アルトア Artois

2件 の用語解説(アルトアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルトア
アルトア
Artois

フランス北東部の地名。旧州。パドカレー県の海岸を除いた地域にほぼ相当する。南のピカルディーとの境にアルトア丘陵があり,北にノールに続く炭田地帯を控えている。アルトアの地名は中心都市アラスの名と同じく,カエサルの時代にこの地に居住していたアトレバト人に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルトア
あるとあ
Artois

フランス北部の旧州名。現在のパ・ド・カレー県に相当する。海岸部のカレーからアラスの南部まで帯状に延びるアルトア台地の範囲に一致する。旧州都はアラス。この地方が、北のフランドル平野と南に位置するピカルディー平野を分断しており、西部は炭田地帯へとつながる。地形は波状の起伏がある。
 当地方は南部と北部の二つに分けることができる。南部のうち、北西部は南東部に比較して標高が高く、最高点は209メートルを示す。小麦をはじめ、穀物とテンサイの大規模な農業が、白亜紀層の泥土質の土壌に展開する。北部には標高わずか100~150メートルの丘陵がフランドル平野のなかに連なる。リス川右岸には「黒い地方」Pays noirとよばれる石炭層があり、炭田、工業地帯が広がる。当地方の東側は、平野に砂質の丘陵地が連なる。最西部にはゴエール平野が広がり、アラスを中心として泥土質の肥沃(ひよく)な土壌に農業地帯が形成されている。
 北フランスにおける歴史の古い地方で、5世紀にフランドルの一部であったが、ルイ8世の時代にフランスに併合された(1223)。一時ドイツのハプスブルク家の所領ともなったが、1659年のピレネー条約でフランス領に戻った。第一次世界大戦では、ここで3回の戦闘が行われた。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルトアの関連キーワードギアナパ・ド・カトルアルザスロレーヌノールパドカレーマース川フランス領ソマリランドゲブルツトラミネールマース[川]アルザス・ロレーヌ問題フランシュ・コンテ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルトアの関連情報