アルト-ドウロ-ワイン生産地域(読み)アルトドウロワインせいさんちいき

世界遺産詳解の解説

アルトドウロワインせいさんちいき【アルト-ドウロ-ワイン生産地域】

2001年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ポルトガル北部のドウロ川上流に位置する。ドウロ渓谷は夏が暑く、冬は寒くて雨量が少ない気候で、この自然環境をうまく生かした、ぶどうの段々畑で有名である。ぶどう栽培とドウロ・ワイン醸造の歴史と伝統が、顕著な普遍的価値のある美しい文化的景観を生み出したことなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はAlto Douro Wine Region

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android