アルバート・H. キャントリル(英語表記)Albert Hadley Cantril

20世紀西洋人名事典の解説

アルバート・H. キャントリル
Albert Hadley Cantril


1906 - 1969
米国の社会心理学者。
元・プリンストン大学教授,国際社会調査研究所主宰。
ダートマス大学卒業後、ミュンヘン、ベルリン大学で学び、ハーバード大学で1936年博士号取得。プリンストン大学で心理学を教え’55年から国際社会調査研究所を主宰、マス・コミニュケーション、大衆運動、政治、国際世論等現実問題を実証的に研究。ラジオドラマが引き起こしたパニック(’38年)を分析した「火星からの侵入」(’40年)、「社会運動の心理学」(’41年)、「絶望の政治」(’58年)等の著作がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android