コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルブレヒツベルガー Albrechtsberger, Johann Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルブレヒツベルガー
Albrechtsberger, Johann Georg

[生]1736.2.3. ウィーン,クロステルノイブルク
[没]1809.3.7. ウィーン
オーストリアの作曲家,オルガン奏者,教育家。ベートーベンや J.N.フンメルの師として有名。メルク,アリアターフェルなどでオルガン奏者や楽長を歴任後,1772年ウィーン宮廷副オルガン奏者,92年聖シュテファン大聖堂の楽長に就任。多くの作品中『テ・デウム』が有名。著書"Gründliche Anweisung zur Composition" (1790) ,"Kurzgefasste Methode,den Generalbass zu erlernen" (92) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

アルブレヒツベルガー

オーストリアの作曲家、教師、理論家、オルガニスト。ウィーン近郊クロスターノイブルクに生まれる。同地で7歳より少年聖歌隊員を務め、首席司祭のピットナーにオルガンと数字付き低音を学んだ。その後作曲とオルガ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

アルブレヒツベルガーの関連キーワードベートーベン(年譜)クロイツァーモシェレス2月3日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android