アルブレヒト1世(読み)アルブレヒトいっせい(英語表記)Albrecht I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルブレヒト1世
アルブレヒトいっせい
Albrecht I

[生]1255
[没]1308.5.1. ロイス
ドイツ王 (在位 1298~1308) ,オーストリア公。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ルドルフ1世の長男。 1282年オーストリア,シュタイエルマルク,クラインを授封される。ルドルフアルブレヒトに帝位を継がせようと試みたが,ハプスブルク家の強大を恐れる選帝侯は彼の敵対者アドルフ・フォン・ナッサウをドイツ王に選んだ。 98年アドルフを破り,フランクフルトでドイツ王に選挙された (皇帝位は教皇から承認されなかった) 。彼は有能な君主で,父の遺志を継いでハプスブルク家領の拡大,ライン川に課せられた非公認の関税の廃止,農奴の地位改善,迫害されているユダヤ人の保護に努めた。しかし彼を取巻く反対派の動きは絶えず,シュワーベン反乱を鎮圧中,甥のヨハンによりスイスで殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android