コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベラ Arbela

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベラ
Arbela

イラク北部,チグリス川上流のアッシリアの古代都市。現エルビル Erbil。アルビル Arbīlともいう。モースルの東 77kmに位置する。起源は古く,紀元前2000年代のシュルギ王の時代から記述がある。前331年アレクサンドロス3世が近くのガウガメラとの中間の平原でアケメネス朝ダレイオス3世の率いるペルシア軍に決定的な勝利を収め,この地を占領したことで知られる(→ガウガメラの戦い)。イスラム帝国,オスマン帝国の統治下も重要な都市として栄え,今日では農業の交易中心地。周辺ではゴマ,トウモロコシ,キビ,果物を産する。住民はキリスト教徒とイスラム教スンニー派のクルド人とが混在する。地上約 30mの高さにあるテルの頂上に要塞化されたエルビル城砦が,2014年世界遺産の文化遺産に登録された。人口 110万(2003推計)。(→クルディスターン地方

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルベラ(Arbela)

西アジア、チグリス川の東方にあったアッシリア人の古代都市。現在のイラク北部の都市アルビールに位置する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アルベラの関連キーワードイブン・ハッリカーンガウガメラの戦エルビル城塞シリア文学イルビールイルビド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android