コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルメノイド Armenoid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルメノイド
Armenoid

コーカソイドの一人種。アナトリア人種ともいい,アルメニア人のような人々の意。小アジアからパミール高原にかけて分布する。短頭頭頂はとがり,後頭部は扁平。前頭は傾斜して高い。鼻は鉤鼻で大きく肉厚。横顔は鼻先から,額,頭頂部まで一直線にみえる。皮膚の色はやや濃く,毛髪,眼は暗色。ひげ,体毛は豊富。唇は中程度に厚く,体はがんじょうで中身長。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルメノイド
あるめのいど
Armenoid

コーカソイド(白色人種系)の枝となる一亜人種。類アルメニア人種という意。小アジア(アナトリア)のトルコ、シリア、パレスチナ一帯に集中し、一部はイラン、イラク、バルカン地方にも分布する。共通の特徴として、著しく短頭で、頭頂はとがり、後頭は扁平(へんぺい)で、額は広く、傾斜している。この独特な頭形は、その揺り籠(かご)によって幼児を布で動けなくするからつくられるのだと一般に考えられているが、アメリカ育ちの彼らの子孫もやはり同じ頭形をしていることから、人工変形説には疑問がある。鼻はかぎ鼻で大きく、肉厚である。横顔は鼻先から額まで一直線に続くようにみえる。唇は中程度の厚さで、下唇は軽く反転する。皮膚はオリーブ色。毛髪や虹彩(こうさい)は暗色。ひげも体毛も豊富で、眉毛(まゆげ)は濃く、ときには左右が連続する。身長は中程度で、頑丈。シュメール、バビロン、アッシリアなどの彫像や絵画には彼らと身体的特徴の似た人物が登場する。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アルメノイドの関連キーワードチベット地方人種ディナール人ウクライナ人シュメール人アルメニアグルジア人インド人ヤペテ人ショナ族

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android