アレクシウス3世(読み)アレクシウスさんせい(英語表記)Alexius III Angelus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレクシウス3世
アレクシウスさんせい
Alexius III Angelus

[生]?
[没]1211
ビザンチン皇帝 (在位 1195~1203) 。兄のイサキウス2世に対する軍の反対皇帝として立ち,兄を監禁して即位。権力欲のみ強い軟弱かつ無能な統治者。第2ブルガリア帝国に対する遠征に失敗 (1195,96) ,帝国の崩壊の速度を速めた。第4次十字軍による首都コンスタンチノープル占領直前に亡命 (1203) ,トラキアエピルスなど転々とし,最終的には小アジアのルーム王国のスルタンのもとに身を寄せた。ニカイア帝国テオドルス1世が婿であったことから,スルタンの協力のもとに王位の禅譲を迫ったが失敗,逆にニカイア軍の捕虜となり (10) ,修道院に送られ,そこで没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android