コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンドーロ Dandolo, Enrico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンドーロ
Dandolo, Enrico

[生]1107? ベネチア
[没]1205.5/6. コンスタンチノープル
ベネチア共和国の首長 (ドージェ ) 。名門ダンドーロ家の出身で,ベネチア高官の子。コンスタンチノープル (1172) ,シチリア (74) ,フェララ (91) などで外交使節として活躍。 1192年6月首長に選ばれると,憲法,刑法,民法を改正整備して内政を固め,東方貿易によって経済発展を促進。さらに老練さとその巧みな外交手腕で,ベロナ (92) ,ビザンチン帝国 (99) ,アルメニア (1201) ,神聖ローマ帝国 (02) などと結んだ。 99年バルカン支配の野心を達成するために,第4次十字軍の輸送を引受け,不足した輸送代金の代償として,十字軍を本来の目的から逸脱させ,1202年キリスト教徒の町ザラを攻略させた。次いで 04年ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルを陥落させ,ラテン帝国を樹立。ベネチア共和国に多大な利益をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダンドーロの関連キーワードアレクシウス5世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android