アレクセイ チャプイギン(英語表記)Aleksey Pavlovich Chapïgin

20世紀西洋人名事典の解説

アレクセイ チャプイギン
Aleksey Pavlovich Chapïgin


1870 - 1937
ソ連(ロシア)の作家。
農家に生まれ、独学で文学を学ぶ。コロレンコガーリン・ミハイロフスキーの影響を受ける。ナロードニキ作家から出発し、新写実派を形成。作品は、農村の生活を写実的に描く「白い僧院」、「白鳥の湖にて」、17世紀のコサックの農民蜂起を描く「ラージンステーパン」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android