コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレッチ氷河 アレッチひょうがAletsch Gletscher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アレッチ氷河
アレッチひょうが
Aletsch Gletscher

スイス中南部,バレー州ベルナーオーバーラントのユングフラウ南側にあるアルプス最大の氷河。長さ約 26.8km,面積約 115km2。ユングフラウに発し,アレッチホルン (4195m) の東と南の山麓を取り巻き,ローヌ川の支流マサ川の水源となる。 2001年世界遺産の自然遺産に登録。観光基地はブリークユングフラウヨッホなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アレッチ‐ひょうが【アレッチ氷河】

Aletsch Gletscher》スイス中南部にあるヨーロッパ最長の氷河。全長約24キロメートル。ユングフラウの東斜面、メンヒの南斜面に発し、アレッチホルン北斜面からの支流とコンコルディアプラッツで合流する。同氷河と周囲の山々を含む一帯は、2001年と2007年に、「ユングフラウ、アレッチ、ビーチホルン」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレッチ氷河
あれっちひょうが
Aletsch Gletscher

アルプス最大の谷氷河。スイス・アルプスのベルナー・オーバーラント山群にある。正しくはグロッサー・アレッチ氷河(大アレッチ氷河)とよぶ。全長約26.8キロメートル、面積約115平方キロメートル。ユングフラウ山(4158メートル)、メンヒ山(4099メートル)の南面に発し、標高約2500メートルのコンコルデア・プラッツで、アレッチホルン山(4195メートル)北面からの氷河をあわせ、氷河の末端は標高約1600メートルに及んでいる。融水はローヌ川上流に注ぐ。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アレッチ氷河の関連キーワードスイス・アルプスのユングフラウとアレッチ氷河ユングフラウ[山]インターラーケンベットマーアルプリーダーアルプエッギスホルン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレッチ氷河の関連情報