アロン湾(読み)アロンわん

世界大百科事典 第2版の解説

アロンわん【アロン湾 Vinh A Long】

ベトナム北東部の湾。ハイフォンからホンゲイまで約100kmの海浜に臨み,湾の外側にはファイ・チ・ロン群島がある。群島は石灰岩より成る岩の多い無数の島々から成り,大部分は40~100mの高さをもつ。湾は中国国境をなす低山地が海岸に至って陥没したもので,奇岩怪石のその風景は古くからベトナムの名勝とされ,フランス植民地時代には休養地としても発達した。湾内は浅いが群島の外側は深く,大船が航行できる。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android