アンカット(英語表記)uncut

翻訳|uncut

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

製本の際,図書の天,地,小口の縁を切り落とさないで仕上げたもの.丸縁ともいう.フランスとじなどに多く,読者がペーパーナイフで順次ページを切って読むようになっている.しかし,未開(unopened)とは異なり,全ページを開いたとしても,余白を化粧断ちしていないので,やはりアンカットという.またヨーロッパでは,読者がアンカット版を買い,自分好みの装丁をほどこす風習があるため,アンカット版は,薄い仮表紙のものが多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (uncut) 雑誌・書籍の小口(こぐち)を切りそろえてないこと。読むときにはペーパーナイフ等を使って切りながらすすむ。フランスとじ。
※羹(1912)〈谷崎潤一郎〉三「レクラム本のアンカットの頁を指で切り開いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android