コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンクレット アンクレット anklet

翻訳|anklet

3件 の用語解説(アンクレットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンクレット(anklet)

腕輪のように足首につける装飾品。
トップの折り返しが三重になったくるぶしまでの短いソックス。
くるぶしの所に留め革のある短靴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アンクレット【anklet】

足首につける飾り。
足首までの短いソックス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンクレット
あんくれっと
anklet

くるぶしや足首の飾りとしてつける輪状の装身具。腕首につけるブレスレットと同じ飾り。かつて婦人や子供用の足首までの靴下をソックスレットあるいはアンクレットとよんだ。現代ではソックスと称されている。アンクレットの起源は古く、初めは足首に植物の茎や紐(ひも)、布などを巻き付けた原始的な装身法だった。古代エジプトでは紀元前2000年ごろまでに、紅玉、金、焼物などが足首の飾りとして用いられた。ただしほかの装身具と異なり、靴や衣服の発達によってしだいに消滅したが、その名残(なごり)が現在のハイソックスの靴下止めの飾りや、サンダルの膝(ひざ)下までの紐飾りなどになっている。[市川久美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンクレットの言及

【足輪】より

…足にぐるりと輪状につけられる装身具。アンクレットanklet。歴史的には古代エジプト王朝以前から装着されていた。…

※「アンクレット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンクレットの関連キーワードラリエット小節足玉跡をつける襟飾り飾り付けるリストバンド首飾り首輪プルブイ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンクレットの関連情報