アンジェリーナ ジョリー

367日誕生日大事典の解説

アンジェリーナ ジョリー

生年月日:1975年6月4日
アメリカの女優

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

アンジェリーナ ジョリー
Angelina Jolie

職業・肩書
女優,映画製作者,人道活動家 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使

国籍
米国

生年月日
1975年6月4日

出生地
カリフォルニア州ロサンゼルス

旧名・旧姓
ジョリー・ボイト,アンジェリーナ〈Jolie Voight,Angelina〉

学歴
リー・ストラスバーグ演劇学校,ニューヨーク大学

受賞
アカデミー賞助演女優賞(第72回,1999年度)〔2000年〕「17歳のカルテ」,ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(テレビ・ミニシリーズ助演女優賞,第55回・56回,1997年度・1998年度)「ジョージ・ウォレス アラバマの反逆者」「Gia」,全米映画批評家協会賞新人女優賞〔1998年〕「狂っちゃいないぜ!」,セルジオ・ビエイラ・デメロ国連記者協会賞(第1回)〔2003年〕,国連グローバル人権行動賞〔2005年〕

経歴
父は俳優のジョン・ボイト、母も元女優。名門の演劇学校で訓練を受ける。1998年テレビ「ジョージ・ウォレス アラバマの反逆者」で一躍脚光を浴び、同年ゴールデン・グローブ賞助演女優賞を受賞。2000年「17歳のカルテ」(1999年)でアカデミー賞助演女優賞を受賞。2001年「トゥームレイダー」でアクションヒロインとして国際的名声を得る。2008年クリント・イーストウッド監督「チェンジリング」で母親役を見事に演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされる。他の映画出演作に「狂っちゃいないぜ!」(1998年)、「マイ・ハート,マイ・ラブ」「ボーン・コレクター」(’99年)、「トゥームレイダー2」「すべては愛のために」(2003年)、「アレキサンダー」(2004年)、「Mr.&Mrs.スミス」(2005年)、「グッド・シェパード」(2006年)、「マイティ・ハート/愛と絆」(2007年)、「ウォンテッド」(2008年)、「ソルト」「ツーリスト」(2010年)、「マイフィセント」(2014年,製作総指揮も)などがある。2011年ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下で引き裂かれた恋人たちを描いた「最愛の大地」で製作・監督・脚本を務める。2015年「アンブロークン」を監督。一方、1999年難民キャンプを舞台にした「すべては愛のために」(2003年公開)の脚本を読んだことから、難民問題に目覚め、2000年より難民支援活動を始める。2001年には国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使に就任。2007年米シンクタンク・外交問題評議会のメンバーとなる。2012年UNHCR特使に任命される。2014年英エリザベス女王からデイムを授与される。私生活では、1996年英国人俳優ジョニー・リー・ミラーと結婚、’99年離婚。2000年米国人俳優ビリー・ボブ・ソーントンと再婚、2003年離婚。2005年「Mr.&Mrs.スミス」で共演した俳優のブラッド・ピットとの間に女児をもうけ、2008年には男女の双子が誕生。他に3人の養子(紛争地の孤児)を育てており、セレブ・カップル、ブランジェリーナとして世界の注目を集める。2013年遺伝子検査で乳がんのリスクを高める変異が見つかり、両乳房の切除・再建手術を受ける。2014年8月ピットと正式に結婚。2015年卵巣と卵管の摘出手術を受ける。同年監督・脚本を務めた「By the Sea(原題)」でピットと10年ぶりに夫婦役で共演、共同でプロデュースも担当した。愛称アンジー。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンジェリーナ ジョリーの関連情報