コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジロウ アンジロウ

2件 の用語解説(アンジロウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジロウ
アンジロウ

「弥次郎 (やじろう)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンジロウ
あんじろう
Anjiro
(1512/1513―?)

日本人で最初のキリシタンヤジロウ、アンゼロなどの説がある。鹿児島生まれの商人、もしくは薩摩(さつま)水軍に属する武士といわれる。故郷で殺人を犯して東南アジアに逃亡中、ポルトガル船長アルバレスに同行してマラッカに渡り、1547年(天文16)フランシスコ・ザビエルに引き会わされた。ザビエルはアンジロウを知って日本布教を決意し、翌1548年彼をゴアの聖パウロ学院に1年間入学させた。そこで彼は受洗し、「パウロ・ダ・サンタ・フェ」(聖なる信仰のパウロ)という洗礼名をもつ日本人初のキリスト教徒となった。1549年8月15日、ザビエルを案内して鹿児島に上陸した。彼はザビエルを島津貴久(たかひさ)に引き会わせ、日本語教師として、あるいは『使徒信経』『教理提要』『聖書』の一部分の翻訳に従事したりして、ザビエルの活動を助けた。また自分の家族、親類、友人たちを改宗させたが、1551年初頭に信仰を失い、中国に渡って寧波(ニンポー)で盗賊に殺されたという。キリスト教伝来の直接の契機をつくった彼の名は、日本キリスト教史のうえに刻まれねばならない。[宮崎賢太郎]
『海老沢有道著『増訂 切支丹史の研究』(1971・新人物往来社) ▽フーベルト・チースリク著『世界を歩いた切支丹』(1971・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone