コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンタイル Antheil, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンタイル
Antheil, George

[生]1900.7.8. ニュージャージートレントン
[没]1959.2.12. ニューヨーク
ポーランド系のアメリカのピアニスト,作曲家。フィラデルフィア音楽院に学び,のちに E.ブロッホに師事。 1920年代にはピアニストとしてヨーロッパを旅行,パリでストラビンスキーと交友。ベルリン初演の"Zingareska" (1921) にはジャズの要素を導入するなど,前衛的作品を発表。『バレエ・メカニック』 (24) は,木琴,電鈴,自動車の警笛,飛行機のプロペラ打楽器,自動ピアノ,10台のピアノという編成で書かれ,第1次世界大戦後の打楽器主義の先駆をなす。 1936年以降はハリウッドに移住,映画音楽を作曲するなど,次第に温和な作風になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンタイルの関連キーワードE. ゴールド7月8日リマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android