コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンタラ アンタラ `Antarah ibn Shaddād

3件 の用語解説(アンタラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンタラ
アンタラ
`Antarah ibn Shaddād

古代アラビアの詩人。6世紀頃在世。アブス部族の勇猛な戦士でもあったが,母が黒人奴隷だったため,数奇な生涯をおくった。名詩選『ムアッラカート』に作品が入れられた7人の詩人の一人。後世になってその生涯を中心として多くの説話を加えた『アンタル物語』が世に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アンタラ
アンタラ
Antara

1937年に設立され,62年 Persbiro Indonesia通信社と合併して国営通信社となった。国内に 11,海外に 11の支局をもち,20の外国通信社と提携,53の新聞社にニュースサービスを行なっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アンタラ

ドイツのオペルが2006年から製造、販売している乗用車。5ドアのSUV。米国のシボレーのキャプティバと主要部品を共有する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンタラの関連キーワードアラビア湾アラビア馬アラビアゴムの木アラビア人アラビア数字アラビア糊アラビアンライトアラビストアラビアンロッククラチコフスキー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンタラの関連情報