アンタラ(英語表記)`Antarah ibn Shaddād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アンタラ」の解説

アンタラ
`Antarah ibn Shaddād

古代アラビアの詩人。6世紀頃在世。アブス部族の勇猛な戦士でもあったが,母が黒人奴隷だったため,数奇な生涯をおくった。名詩選『ムアッラカート』に作品が入れられた7人の詩人の一人。後世になってその生涯を中心として多くの説話を加えた『アンタル物語』が世に広まった。

アンタラ
Antara

1937年に設立され,62年 Persbiro Indonesia通信社と合併して国営通信社となった。国内に 11,海外に 11の支局をもち,20の外国通信社と提携,53の新聞社にニュースサービスを行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「アンタラ」の解説

アンタラ

ドイツオペルが2006年から製造、販売している乗用車。5ドアのSUV。米国のシボレーのキャプティバと主要部品を共有する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android