コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダーピニング アンダーピニングunder pinning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンダーピニング
under pinning

地下工事を行う際に近接する既存の構造物が沈下や傾斜を起さないよう予防する基礎補強工事をいう。すでに沈下したり傾斜したりした建物を復元する場合や建物を移動させる場合の工事も含む。方法としては構造物の基礎下の土や水を動かさないようにするため,山止め壁の設置,地盤安定工法の採用,別の支持杭を設ける,などがある。アンダーピニングは既設構造物および周囲に破壊や損害を与えないように施工しなければならず,作業空間が制限され危険かつ困難な作業であるため,一般の基礎工事と比べて工期,工費ともに多大となり,高度の総合的知識および経験が必要とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンダーピニング

既設構造物の基礎を補強する工事のこと。アンダーピニングunderpinningとは,元来,構造物の支えの意。構造物の建設中あるいは完成後,設計時に考慮した値より構造物の荷重が増加した場合,構造物の施工後に地下の状況が変化して基礎の支持力が不足する場合,既設構造物の下に地下構造物を新たに築造する場合,既設構造物に接近して深い掘削を行う場合など,既設構造物が沈下するおそれがあるときや,既設構造物を高い位置にもち上げるとき,あるいは既設構造物を新たな場所に移動するときなどに実施される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報