コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチステネス アンチステネスAntisthenēs

1件 の用語解説(アンチステネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチステネス
アンチステネス
Antisthenēs

[生]前455頃.アテネ
[没]前365頃
ギリシアの哲学者。キュニコス派の祖。最初ゴルギアスに師事,のちソクラテスを信奉。彼はソクラテスにならってを究極の目的としたが,それは禁欲による快楽からの自由を意味するにすぎず,きわめて一面的であり,他の人間的活動一切への無関心となって現れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンチステネスの関連キーワードアフリカ難民同性婚塩化銀いわいずみ三田貝分校ヘロインエウリピデスジュヌビエーブフーナバンダリズム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone