コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁欲 きんよく abstinence

翻訳|abstinence

5件 の用語解説(禁欲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁欲
きんよく
abstinence

一般的には,なんらかの行動をとらないというような消極的な規定ではなく,特定の一義的に定立された価値的目標に向ってみずからの行為を,いわば内側から律し統括すること。社会学的には M.ウェーバーによってプロテスタンティズムにおける倫理的意味づけが与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐よく【禁欲/禁×慾】

[名](スル)本能的な欲望、特に性欲を抑えること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

禁欲【きんよく】

〈修練〉を意味するギリシア語アスケシスに由来する英語ascesis,asceticismなどの訳。救済あるいは聖なる体験の獲得のために,世俗的・肉体的欲望を制御すること。
→関連項目修行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんよく【禁欲 ascesis】

心理・生理的な欲求を抑圧することによって聖なる体験を得ようとする倫理・宗教的な行動をいう。西欧語は鍛練を意味するギリシア語askēsisに由来する。一般に禁欲は,肉的な原理を否定して霊的な原理を追求する心身二元論的な生き方とされているが,究極的には身体における死と再生の体験を実現するための,心身の統合論的な生き方を含んでいる。禁欲の手段は多種多様であるが,そのうちもっとも重要視されたのが断食と性的隔離である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禁欲
きんよく

広くは一定の目的や理想を達成するための心身の統御・鍛練を意味する用語である。したがって、学業の研鑽(けんさん)や精神的修養あるいは身体上の訓練などいずれも禁欲とみなすことができ、キニコス学派、ストア学派、新プラトン学派などの哲学諸派はいずれもこれを説くが、この語がとくに問題となるのは宗教の分野においてである。
 宗教上の目的のために行われる禁欲には、(1)不浄な状態や悪霊の力を払い清めるため、(2)自力を補強し超能力を獲得するため、(3)聖なるものを歓待する犠牲的行為として、(4)罪を贖(あがな)い聖性と至福の境地に至る道程として、などの理由が数えられる。いずれにしても禁欲は、本能的欲求や世俗的欲望の否定によって初めて、宗教上の理想が実現されるという発想に基づいている。そのため、霊と肉ないし聖と俗の区別を強調する二元論的宗教に現れやすいが、いずれの宗教にも多かれ少なかれ禁欲的要素は認められる。
 具体的な禁欲行為としては、たとえば沈黙、黙想、経典読誦(どくじゅ)、服従、忍辱(にんにく)などの精神的行為、独身生活、断食(だんじき)、沐浴(もくよく)、粗衣粗食、巡礼行脚(あんぎゃ)、睡眠短縮、鞭打(むちうち)、手枷足枷(てかせあしかせ)などの肉体的行為がある。これらの行為は修行、苦行などともよばれ、各宗教によってさまざまの方法がくふうされている。神道(しんとう)や儒教の精進潔斎(しょうじんけっさい)、バラモン苦行者の森林生活、古代ギリシア宗教にみられる密儀、乞食(こじき)生活、イスラム教神秘主義者の肉体虐使など、神観念や風土的条件と関連しながら各種の禁欲方式が成立した。
 もろもろの欲望を切り捨て、人間の営みを可能な限り宗教的目的に必要な行為に限定しようとする禁欲の基本理念は、宗教生活を目的達成に向けて合理化し体系化する動力となり、ひいては歴史形成力として作用する。マックス・ウェーバーはその典型をキリスト教にみた。中世の修道院生活における「世俗外禁欲」が教会組織や荘園(しょうえん)経済に及ぼした影響、近代カルビニズムに代表される「世俗内禁欲」が職業倫理、資本主義精神の形成に与えた役割、これらは禁欲がその時代の社会的、文化的側面とのかかわりで果たした顕著な事例であった。一方、ヒンドゥー教、仏教など東洋の宗教では、禁欲はもっぱら神秘体験に至る階梯(かいてい)として位置づけられ、解脱(げだつ)のための意識集中の手段に用いられる。ヨーガ行法の「八支」のうち前半5段階の「外支」、その流れをくむ禅宗の「坐禅(ざぜん)」などがその例である。[赤池憲昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の禁欲の言及

【プロテスタンティズム】より

…このように,現世におけるすべての勤労が神の摂理と直接に結びつけられ,宗教的に意味づけられたことは,職業倫理のかたちで信徒の日常生活を,魂の救いに向けて照準し,道徳的にきびしく律するという結果を生んだ。中世では瞑想的な修道生活とほとんど等置されていた〈禁欲〉が,今や勤労生活の良心的な自己規制そのものへと拡大解釈され,M.ウェーバーが《プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神》などの著作で指摘するごとく,信仰に基礎づけられた一種の合理主義的エートスを発展させることとなる。再洗礼派をはじめとするプロテスタントの諸分派の中でも,このような禁欲主義は強調され,世俗労働の成果を通じてまことの信仰を確証しつつ,生活全体の〈聖化〉を目ざす努力がみられた。…

※「禁欲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

禁欲の関連キーワード心理的便益心理的リスク心理的離乳救い欲求5段階欲求不満(フラストレーション)呪縛食品補給物生理的落果マズローの欲求階層説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

禁欲の関連情報