コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチューサ bugloss

翻訳|bugloss

2件 の用語解説(アンチューサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンチューサ【bugloss】

ヨーロッパ,アフリカアジアの各地に30~40種あるムラサキ科の二年草。数種が花壇や切花用に栽培されるが,多くつくられるのは,地中海沿岸地方原産のアンチューサ・アズレアA.azurea Mill.(=A.italica Retz.)で,5~6月に碧藍(へきらん)色の花をつけて美しい。草丈は1~1.5m,葉は長楕円形で大きく茎葉に粗い毛があるので,和名はウシノシタクサという。春には枝を分けてその先端に巻散(けんさん)花序に5弁の筒状花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンチューサ
あんちゅーさ
[学]Anchusa azurea Mill. (=A. italica

ムラサキ科の一、二年草。和名はウシノシタクサ。南ヨーロッパ原産。草丈は1~1.2メートル、茎葉に白色の綿毛を密生する。5~6月に根出葉の中から茎を伸ばし、分枝する枝先に藍青(らんせい)色の小花を多数つける。一般には高性のイタリカ種が栽培されるが矮性(わいせい)のカペンシス種のブルー・チャームも栽培される。花壇、切り花、鉢植え用とされ、秋播(ま)きすれば翌春開花する。耐寒性が強く栽培は容易。大形のワスレナグサと思えばよい。[柳 宗民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンチューサの関連キーワード地中海ヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合アジアアフリカ会議阿弗利加アフリカ舞舞旧大陸ヨーロッパロシア北界

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone