コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンティパトロス Antipatros

世界大百科事典 第2版の解説

アンティパトロス【Antipatros】

前400ころ‐前319
マケドニア王国の将軍。アレクサンドロス大王の父フィリッポス2世の時代に軍人,外交使節として功績をあげ,フィリッポスの死後アレクサンドロス王位継承に力をつくす。大王の東征にあたりマケドニア,ギリシアの管理を委託され,前331年スパルタ王アギス3世の反マケドニア戦争を鎮圧。大王の母オリュンピアスと彼との不和は,大王と彼との間にも亀裂を生んで,大王の死に彼が関与したとの噂もある。大王の死後ギリシアに起こった反マケドニア戦争(ラミア戦争,前323‐前322)を鎮圧。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティパトロス
あんてぃぱとろす
Antipatros
(前397―前319)

マケドニア王家の重臣。ペルディッカス3世、フィリッポス2世、アレクサンドロス3世(大王)の3代に仕え、大王没後は帝国遺領の統一を維持しようとする勢力の中心であった。大王の東征中は「在欧司令官」として留守を守り、事実上マケドニアを掌握した。大王没後のギリシア諸国の反乱をくじき(ラミア戦争、前323~前322)、対立者であるペルディッカスPerdikkas(前365ころ―前321)将軍の横死後は帝国摂政の地位を襲った(前321)。紀元前319年彼の死をもってアレクサンドロス帝国は最終的に瓦解(がかい)し、以後局面はディアドコイへの分裂に入る。[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアンティパトロスの言及

【デメトリオス[ファレロンの]】より

…アリストテレスの弟子で哲学的業績で知られる。アレクサンドロス大王東征の間のマケドニア・ギリシア総督アンティパトロス一族と親しく,アンティパトロスの子カッサンドロスにアテナイ統治をゆだねられた(前317‐前307)。アンティゴノス朝のデメトリオス1世のアテナイ攻略後,エジプトに逃れ,そこで死去した。…

【マケドニア】より

… 彼の子アレクサンドロス大王(アレクサンドロス3世。在位,前336‐前323)は父の死後王位をめぐり再び起こった内紛,ギリシアに起こった反マケドニア運動を鎮圧,父と同じくギリシア連合とマケドニア同盟軍総司令官として東征の途につき(前334),その間のマケドニア行政は王の登位に功のあった大貴族アンティパトロスにゆだねられた。 アレクサンドロス大王の死後,バビロンで行われた会議でマケドニア統治は従前と同じくアンティパトロスにゆだねられた。…

【ラミア戦争】より

…アレクサンドロス大王の死の情報が前323年の夏にギリシアに伝わると,マケドニアの支配から脱しようとする動きがただちに表面化した。アテナイの将軍レオステネスLeōsthenēsは,アイトリア同盟などと協力してマケドニアの将軍アンティパトロスを撃破し,彼をマリス地方のラミアLamiaに包囲した。翌年早くレオステネスは戦死し,アテナイ軍はテッサリア軍などとともにラミア包囲を続けたが,マケドニア救援軍が接近したため,春に包囲を解いた。…

※「アンティパトロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンティパトロスの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)デメトリオス[ファレロンの]アンティゴノス[2世]アンティゴノス[1世]ヒュルカノス[2世]アンティゴノス朝カッサンドロスパナイティオスディアドコイカサンドロスヘロデ大王