コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデスメロン

デジタル大辞泉の解説

アンデス‐メロン

日本で育成されたハウスメロン一種果皮緑色網目が入る。果肉も緑色で甘くて香りがある。
[補説]「安心して栽培でき、安心して食べられる」という意味の「安心です」を縮めて「アンデス」と名づけたと言われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

アンデスメロン

ネット系メロンの代表的品種のひとつ。果肉は黄緑色糖度が高い。全国、とくに茨城県、熊本県などで多く生産される。1970年代に種苗会社サカタノタネが開発した品種。名称は「作って、売って、買って、安心ですメロン」のキャッチフレーズに由来。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンデスメロンの関連情報