アントニ-ガウディの作品群(読み)アントニガウディのさくひんぐん

世界遺産詳解の解説

アントニガウディのさくひんぐん【アントニ-ガウディの作品群】

1984年に登録、2005年に登録内容が変更されたスペインの世界遺産(文化遺産)。カタルーニャ出身のアントニ・ガウディ(1852~1926年)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてのモデルニスモ(アールヌーボー)時代に活躍した世界的に著名な建築家で、サグラダ・ファミリアの一部(「誕生」のファザードと地下聖堂)をはじめとする彼の作品群が世界遺産として登録されている。彼の作品は、バルセロナとサンタ・コロマ・デ・セルヴェロに分布しているが、バルセロナ市内のサグラダ・ファミリア、グエル公園、グエル邸、カサ・ミラ、カサ・ヴィセンス、カサ・バトリョの6件、その他の地域にあるコロニア・グエルの地下聖堂のガウディ設計による部分を合わせて計7件が世界遺産として登録された。彼の代表作として世界的に知られるサグラダ・ファミリアは、未だなお建設中である。◇英名はWorks of Antoni Gaudí

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android