アントワープオリンピック(1920年)(読み)アントワープオリンピック

百科事典マイペディアの解説

アントワープオリンピック(1920年)【アントワープオリンピック】

1920年にベルギーアントワープで開催された第7回オリンピック競技大会。4月20日から9月12日までにわたり熱戦が繰り広げられた。29の国や地域が参加し,23競技,154種目が行われた。なお,第6回オリンピック競技大会は,ドイツのベルリンで行われる予定だったが,第1次世界大戦の影響で中止となった。テニスシングルで熊谷一弥銀メダルを獲得し,日本人初のメダリストとなった。テニスダブルスでも熊谷一弥と柏尾誠一郎が銀メダルを獲得した。
→関連項目アイスホッケーウェイトリフティングオリンピック旗金栗四三自転車競技トラック競技ヌルミ馬術マラソン(スポーツ)ラグビー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android