熱戦(読み)ネッセン

デジタル大辞泉 「熱戦」の意味・読み・例文・類語

ねっ‐せん【熱戦】

熱のこもった、激しい試合勝負。「熱戦を繰り広げる」
[類語]激戦死闘激闘血戦接戦混戦乱戦乱闘歴戦決戦連戦乱軍奮戦奮闘デッドヒートクロスゲームシーソーゲーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「熱戦」の意味・読み・例文・類語

ねっ‐せん【熱戦】

  1. 〘 名詞 〙 激しく戦うこと。特に、熱のこもった、激しい勝負、試合にいう。激戦。
    1. [初出の実例]「三回四回の熱戦(ネッセン)を見る事が出来ず」(出典:熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉富士夫の文才)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android