アンドレイ タルコフスキー(英語表記)Andrei Arsenievich Tarkovskii

20世紀西洋人名事典の解説


1932.4.4 - 1986.12.29
ソ連の映画監督。
イワノフ生まれ。
東洋大学を中退し、映画大学でミハイル・ロンムに学び、1960年卒業制作「ローラーバイオリン」で注目を浴びる。’62年長編劇映画第1作「僕の村は戦場だった」でベネチア映画祭グランプリを受賞し、世界的に有名になる。以後、一作ごとに話題を呼び、現代ソ連の異色の力量ある映画監督と評されるが、「ノスタルジア」(’83年)発表後、’84年亡命する。他の作品に「アンドレイ・ルブリョフ」(’71年)、「サクリファイス」(’86年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android