コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンヘル滝 アンヘルタキ

百科事典マイペディアの解説

アンヘル滝【アンヘルたき】

ベネズエラ南東部,ギアナ高地オリノコ川の支流カロニ川の上流部にある滝。高い卓状の山の頂上の裂け目から一気に979m落下する。一段の滝としては世界一の落差。1935年米国人エンジェルJ. Angelが発見し,その名がついた。
→関連項目カナイマ国立公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アンヘルたき【アンヘル滝 Salto Angel】

ベネズエラ南東部,ギアナ高地の滝。オリノコ川右岸の支流カロニ川上流部に位置する。ロライマ高原の北縁で,高いメーサの頂上に刻まれた裂け目から一気に979m落下する。1段の滝としては世界一の落差を誇り,ナイアガラ滝の約20倍。熱帯雨林地帯にあり容易に近づくことができないため,1935年アメリカの探検家ジェームズ・エンジェルが発見するまで存在が知られなかった。名称は発見者にちなむもの(エンジェルのスペイン語読み)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アンヘルたき【アンヘル滝】

〔Angel〕 ベネズエラの南東部、オリノコ川の支流カロニ川にある世界有数の滝。落差979メートル。一段式の滝としては世界最高。エンジェル滝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンヘル滝
アンヘルたき

エンジェル滝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンヘル滝
あんへるたき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアンヘル滝の言及

【滝】より

…滝壺のでき方は甌穴(おうけつ)のでき方と似ている。世界で最大の落差を有する滝はベネズエラのアンヘル(エンジェル)滝で979mに及ぶ。滝となって落下する水量の多い点で,世界の三大滝はアメリカとカナダの国境にあるナイアガラ滝(高さはアメリカ滝51m,カナダ滝48m),ブラジルとアルゼンチン国境のイグアス滝(高さ70m),ザンビアとジンバブウェとの間のビクトリア滝(高さ150m)である。…

※「アンヘル滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンヘル滝の関連キーワードオリノコ[川]ベネズエラ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android