コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモノリシス アンモノリシス ammonolysis

3件 の用語解説(アンモノリシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンモノリシス
アンモノリシス
ammonolysis

アンモニア分解あるいは加安分解ともいわれる。ある化合物の分子に水分子の OH とH が加わって化合物を2つの分子に分解する反応を加水分解というのに対し,アンモニア分子のH と NH2 とが加わって化合物を分解するような型式の反応をアンモノリシスという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンモノリシス【ammonolysis】

加安分解ともいう。液体アンモニア溶媒中で起こる加溶媒分解(ソルボリシス)で,水中での加水分解に対応する。無機化合物または有機化合物がアンモニアと反応して,アミドイミンニトリルなど,アミノ基-NH2,イミノ基NHをもつ化合物を生成する反応をいう。無機化合物では,式(1)に示すように,金属塩化物中の塩素原子1個がアミノ基に置換される例などがある。 HgCl2+2NH3―→Hg(NH2)Cl+NH4Cl …… (1) 有機化学においては,アンモニアによるアミノ基の導入反応(アミノ化)をさす場合が多い(式(2))。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンモノリシス
あんものりしす
ammonolysis

加安分解ともいう。水中での塩類の加水分解に対する語。液体アンモニア中での塩類の加溶媒分解反応をいうのが普通であるが、広く無機化合物、有機化合物すべてに対し、アンモニアと反応して分解する反応をいうこともある。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンモノリシスの関連キーワードナトリウムアミドアンモニア化成作用液体アンモニア硝酸銀アンモニア溶液アンモニア窒素アンモニウムアマルガムソルボリシス液体アンモニア法液体アンモニアマーセリゼーション加安分解

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone