窒化物(読み)ちっかぶつ(英語表記)nitride

翻訳|nitride

日本大百科全書(ニッポニカ)「窒化物」の解説

窒化物
ちっかぶつ
nitride

窒素と、それよりも陽性な元素との化合物ニトリドともいう。希ガス元素、白金族元素および金を除くすべての元素との化合物が知られる。アジ化物(N3-イオンを含む化合物)をこれに含めることもあるが、本来は通常の窒化物とは性質が異なる。

 通常の窒化物は共有性窒化物、イオン性窒化物、侵入型窒化物の3種に分類できる。

(1)共有性窒化物covalent nitride 水素や第13族以下の非遷移元素との化合物で、一般に原子価に従った組成をもつ(アンモニアNH3、窒化ホウ素BN、窒化リンP2N3など)。

(2)イオン性窒化物ionic nitride アルカリ金属アルカリ土類金属および亜鉛、カドミウムなどの化合物(窒化ナトリウムNa3N、窒化マグネシウムMg3N2など)。一般に元素間の直接反応でつくられる。多く融点の高い結晶で、水と反応してアンモニアを生ずる。

(3)侵入型窒化物interstitial nitride 遷移元素の窒化物がこれに属し、組成はかならずしも原子価に従わない(窒化チタンTiN、窒化バナジウムVN、窒化鉄Fe4Nなど)。金属原子のすきまに窒素原子が侵入した構造をとるため、正確な化学量論的な値をとらないことが多い。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「窒化物」の解説

窒化物
チッカブツ
nitride

窒素が陰性成分として結合した化合物.広義には三窒化物(trinitride(1-)(別名,アジ化物)を含める.共有結合性化合物,イオン結合性化合物,侵入型化合物に分類される.【】共有結合性化合物:非金属の窒化物.NH3,N2H4,NCl3,S4N4など.単分子やオリゴマーと,BNのようなポリマー型のものがある.【】イオン結合性化合物:あまり大きくない金属元素の窒化物.たとえば,M3N(M = Li,Na,Cuなど),M3N2(M = Mg,Ca,Sr,Ba,Zn,Cdなど),MN(M = Alなど).イオン結晶で,N2 と金属間の反応や金属アミドの分解などで得られる.水と反応してNH3を生じる.【】侵入型化合物:小さいN原子が遷移金属などの格子のすきまに規則的に配列したもの.Mに対してNの数比が小さいものや,不定比化合物となっているものもある.たとえば,MN(M = 希土類,Ti,Zr,Hf,V,Nb,Ta,Cr,Uなど),M4N(M = Mn,Fe,Co,Niなど),M3N(M = V,Fe,Co,Ni,Cuなど),M2N(M = Ti,Cr,Mn,Fe,Coなど).一般に融点が高く,硬いものが多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「窒化物」の解説

窒化物
ちっかぶつ
nitride

窒素とそれより陽性の元素,特に金属との化合物の総称化学結合の性質により次の3系列のものがある。 (1) イオン性窒化物 アンモニア NH3置換体とみなしうるような組成をもったもので,融点が高く,水と反応してアンモニアを生じる。例として Li3N ,Mg3N2 ,Ca3N2AlN などがある。 (2) 共有結合性窒化物 水素その他非金属元素の窒化物で,一般の原子価則に従う化合物をつくる。 NH3,N2H4,BN,P3N5 など。 (3) 侵入型窒化物 多くの遷移元素の窒化物がこれに属し,組成は原子価則に従わない。 ZrN ,CrN のほか,ThN2 ,Mo2N ,Ni3N2 など多くの化合物が知られている。これらは水に対しては安定で,当該金属またはその酸化物をアンモニア気流中で熱して得られるものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「窒化物」の解説

ちっか‐ぶつ チックヮ‥【窒化物】

〘名〙 窒素と他の元素との化合物。希ガス元素・白金族元素および金を除くほとんどすべての元素との化合物がある。アルカリ金属・アルカリ土類金属などのイオン性窒化物、水素・銅族元素などの共有結合性窒化物、遷移元素の侵入型窒化物の三種に分けられる。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「窒化物」の解説

ちっかぶつ【窒化物 nitride】

N3-イオンまたは窒素原子が3価の共有結合性原子として他の元素と結合しているとみなされる化合物。アジ化物も含めて呼ぶことがあるが,これはN3-イオンからなっており,本来は別種の化合物と考えるべきである。希ガスやいくつかの白金族元素を除いてほとんどすべての元素が窒化物を生成する。 化学結合の性質により次の3種に大別される。(1)イオン性窒化物 アルカリ金属,アルカリ土類金属その他いくつかの金属の窒化物がこれに属し,M3N(M=Li,Na,Cu(I)など),M3N2(M=Mg,Ca,Sr,Ba,Zn,Cdなど),M3N4(M=Thなど)などの化合物が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android