コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンリ・ファルマンIII アンリ・ファルマンさんHenri Farman III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンリ・ファルマンIII
アンリ・ファルマンさん
Henri Farman III

1910年 12月 19日,日本で初めて飛んだ航空機。その原型は 1909年4月6日フランス在住のイギリス人アンリファルマンが製作し,パリで初飛行した。主翼は上下2枚の複葉で,左右の脚には長いそりをつけ,それぞれに2個ずつの車輪をつけていた。これでやわらかい草地で発着しても,転覆するのを防ぐことができた。また初めて補助翼をもち,横すべり旋回を防いだ。この原型機をひとまわり大きくして複座とし,出力を増したグノーム 60馬力エンジンをつけたのが,徳川好敏によって日本初の飛行に成功した,アンリ・ファルマン IIIである。その改良型は日本陸軍で制式に採用され,長く飛び続けた。基礎データは翼幅 10.40m,翼面積 50m2,全長 13.2m,速度時速 75km。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンリ・ファルマンIIIの関連キーワード新聞小説フレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣都市気候夏目漱石表現主義

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android