コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アースティカ āstika

世界大百科事典 第2版の解説

アースティカ【āstika】

ベーダ聖典の権威とバラモン階級の優位性を認める正統的なインド思想家に対する呼称。一方,ベーダ聖典の権威を否定した非バラモン系統の異端派は,〈ナースティカnāstika〉と呼ばれている。これはバラモンの側から下された分類で,〈ナースティカ〉とは〈虚無論者〉〈無神論者〉などという意味をもつ貶称である。六派哲学がアースティカに属するのに対して,仏教徒,ジャイナ教徒,唯物論者はナースティカとされている。ナースティカの思想にはなんらかの意味で伝統否定の側面があるが,唯物論者,快楽論者の伝統的規範否定の思想と,有・無の二元的対立を超越した仏教における無の思想との間には,決定的相違がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アースティカ
あーすてぃか
stika

インド哲学の用語。ベーダ聖典の権威を受け入れ、主宰神と来世の存在(アスティ)を認める人のこと。ヒンドゥー教の主流派は自らをそうよび、その立場をとらない人をナースティカとよんで非難、軽蔑(けいべつ)した。前者を「正統」、後者を「異端」ということも可能ではあるが、キリスト教やイスラム教の場合のように、両者の抗争が血なまぐさい組織間のつぶし合いにまで発展することはなかった。[宮元啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アースティカの関連キーワードインド哲学/用語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android