コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アースティカ āstika

2件 の用語解説(アースティカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アースティカ【āstika】

ベーダ聖典の権威とバラモン階級の優位性を認める正統的なインド思想家に対する呼称。一方,ベーダ聖典の権威を否定した非バラモン系統の異端派は,〈ナースティカnāstika〉と呼ばれている。これはバラモンの側から下された分類で,〈ナースティカ〉とは〈虚無論者〉〈無神論者〉などという意味をもつ貶称である。六派哲学アースティカに属するのに対して,仏教徒,ジャイナ教徒,唯物論者はナースティカとされている。ナースティカの思想にはなんらかの意味で伝統否定の側面があるが,唯物論者,快楽論者の伝統的規範否定の思想と,有・無の二元的対立を超越した仏教における無の思想との間には,決定的相違がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アースティカ
あーすてぃか
stika

インド哲学の用語。ベーダ聖典の権威を受け入れ、主宰神と来世の存在(アスティ)を認める人のこと。ヒンドゥー教の主流派は自らをそうよび、その立場をとらない人をナースティカとよんで非難、軽蔑(けいべつ)した。前者を「正統」、後者を「異端」ということも可能ではあるが、キリスト教やイスラム教の場合のように、両者の抗争が血なまぐさい組織間のつぶし合いにまで発展することはなかった。[宮元啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アースティカの関連キーワードシャンカラタントラバラモン教バルナベーダベーダーンタ婆羅門マウンティングリグベーダバラモン参

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone