アーチチョーク(英語表記)Cynara scolymus; artichoke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーチチョーク
Cynara scolymus; artichoke

キク科の大型の多年草で,地中海沿岸地方原産。南ヨーロッパやラテンアメリカでよく栽培されている。高さ 2mに達し,葉は大型で羽状に深裂し,裏面に白色の綿毛が密生する。夏に,茎の先端にアザミに似てはるかに大型の紫色の頭状花をつける。切り花として観賞用にされることもあるが,若い頭状花の花托総包片の基部の多肉部分をゆでて食用にする。また観葉植物としても栽培される。チョウセンアザミの和名もあるが朝鮮半島にはまったく関係がなく,外国風のアザミという意味であろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アーチチョーク

〘名〙 (artichoke) キク科の多年草。高さ約一・五メートル。アザミに似た葉で夏に大きな濃紫色の花をつける。花が開く直前のつぼみをもぎ、その中の肉質部分を食用にする。ちょうせんあざみ。
※古川ロッパ日記‐昭和一二年(1937)六月二二日「定食だが中々凝って、アテチョクなど出た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android