アーナンダー寺院(読み)アーナンダージイン

デジタル大辞泉の解説

アーナンダー‐じいん〔‐ジヰン〕【アーナンダー寺院】

Ananda Temple》ミャンマー中部の都市遺跡バガンにある仏教寺院。11世紀末から12世紀初頭にかけてパガン朝第3代王チャンスィッターにより建立。本堂は63メートル四方の正方形で、高さ50メートルの塔の頂部は金で塗られている。内部には四つの大きな仏像を安置。1975年に地震で大きな被害を受けたが、のちに修復された。シュエジーゴンパゴダと並び、パガン朝を代表する最大の寺院であり、均整がとれた美しい建築様式で知られる。アーナンダーパヤー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android