アール・ブリュット(英語表記)Art Brut

世界大百科事典 第2版の解説

アール・ブリュット【Art Brut】

〈生(なま∥き)の芸術〉と訳されるフランス語。画家デュビュッフェによって精神病者・子ども・素人芸術家(部分的には素朴画家も含まれる)らの作品を指すために,1947年ころから用いられた。通常の美術概念の枠外で作り出されるそれらの作品は,無意識の世界から自発的に発生してくるとみられる。デュビュッフェは,みずから収集にあたり,またアール・ブリュットの展覧会を開いたり,協会を作って会報を刊行するなど,その普及にも努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアール・ブリュットの言及

【素朴画家】より

…彼らの作品は美術史の主流とは離れた所でもっぱら個人的に制作されたものだが,そこには絵画の原点,描くことの原点が無自覚のうちにはらまれていたといえる。たとえばJ.デュビュッフェが子どもや精神病者が作り出す芸術,すなわち〈アール・ブリュットArt brut〉(これも広くいえば素朴絵画に分類される)に着目したのも,ひとつにはそのためであった。 代表的な作家は,フランスのH.ルソーは別格として,ボーシャンAndré Bauchant,ボンボアCamille Bombois,ペイロンネDominique‐Paul Peyronnet,セラフィーヌ,イタリアのメテリOrneore Metelli,デ・アンジェリスLuigi de Angelis,オランダのメイエルSalomon Meijer,ファン・ヘンクWillem van Genk,ベルギーのグレッフLéon Greffe,スイスのディートリヒAdolf Dietrich,アメリカのハーシュフィールドMorris Hirshfield,グランマ・モーゼズGrandma Moses,ギリシアのテオフィロスTheophilos,ユーゴスラビアのゲネラリッチIvan Generalič,ロシアのピロスマナシビリNiko Pirosmanashvili(ピロスマニ)など。…

【素朴画家】より

…彼らの作品は美術史の主流とは離れた所でもっぱら個人的に制作されたものだが,そこには絵画の原点,描くことの原点が無自覚のうちにはらまれていたといえる。たとえばJ.デュビュッフェが子どもや精神病者が作り出す芸術,すなわち〈アール・ブリュットArt brut〉(これも広くいえば素朴絵画に分類される)に着目したのも,ひとつにはそのためであった。 代表的な作家は,フランスのH.ルソーは別格として,ボーシャンAndré Bauchant,ボンボアCamille Bombois,ペイロンネDominique‐Paul Peyronnet,セラフィーヌ,イタリアのメテリOrneore Metelli,デ・アンジェリスLuigi de Angelis,オランダのメイエルSalomon Meijer,ファン・ヘンクWillem van Genk,ベルギーのグレッフLéon Greffe,スイスのディートリヒAdolf Dietrich,アメリカのハーシュフィールドMorris Hirshfield,グランマ・モーゼズGrandma Moses,ギリシアのテオフィロスTheophilos,ユーゴスラビアのゲネラリッチIvan Generalič,ロシアのピロスマナシビリNiko Pirosmanashvili(ピロスマニ)など。…

【デュビュッフェ】より

…50年代に入ってアンフォルメルの運動が高まるや,先駆者の一人として評価を受けた。既成の芸術観念を否定し〈アール・ブリュット〉を唱え,子どもや精神病者の素朴な造形に強い関心をいだいて,47年からその種の作品を収集する。みずからは絵具に砂,石灰,アスファルトなどを混ぜて塗りつけることで重厚な肌合いを画面に与える〈オート・パートhautes pates(厚塗り)〉によって,《御婦人の身体》連作(1950‐51),《土と地面》連作(1951‐52)など,画面の質感の物質性が具象的とも抽象的とも呼びかねる一連の作品をつくりだした。…

※「アール・ブリュット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アール・ブリュットの関連情報