コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュビュッフェ デュビュッフェ Dubuffet, Jean

6件 の用語解説(デュビュッフェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュビュッフェ
デュビュッフェ
Dubuffet, Jean

[生]1901.7.31. ルアーブル
[没]1985.5.12. パリ
フランスの画家。 1918年パリでアカデミージュリアン短期間学んだが,おもに独学で絵を修めた。芸術への不信から絵画に専念できず,一時期絵を放棄し,家業のワイン商に従事したが,48年から再び絵に専念。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デュビュッフェ(Jean Dubuffet)

[1901~1985]フランスの画家・彫刻家。「アールブリュット(生(き)の芸術)」を唱え、既成の文明化された芸術観を否定した。砂やアスファルト新聞紙・海綿などを用いた作品で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュビュッフェ

フランスの画家。ル・アーブル生れ。1918年パリに出てM.ジャコブ,F.レジェらを知るが,1924年絵筆を捨て,家業のブドウ酒卸業を営んだ。1942年絵画に戻り,1946年に漆喰(しっくい),タール,砂利等で厚く盛り上げた画面を手やスプーンで引っかいた作品を発表。
→関連項目アッサンブラージュアペルクレーラー・ミュラー美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デュビュッフェ【Jean Dubuffet】

1901‐85
フランスの画家。ル・アーブル生れ。1918年にパリに出て短期間アカデミー・ジュリアンに学ぶ。M.ジャコブ,F.レジェらと知り合うが,24年絵画をやめて家業のブドウ酒卸業に従事する。41歳になってから再び絵画に専念し,44年にパリで初個展。50年代に入ってアンフォルメルの運動が高まるや,先駆者の一人として評価を受けた。既成の芸術観念を否定し〈アール・ブリュット〉を唱え,子どもや精神病者の素朴な造形に強い関心をいだいて,47年からその種の作品を収集する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デュビュッフェ【Jean Dubuffet】

1901~1986) フランスの画家。子供や精神病者の素朴で無垢な造形に注目し、既製の芸術観を否定する「アール-ブリュト(生の芸術)」を唱え、みずからも砂やアスファルトなど非芸術的な素材を好んで用いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュビュッフェ
でゅびゅっふぇ
Jean Dubuffet
(1901―1985)

フランスの画家。ル・アーブルに生まれる。同地の美術学校に学ぶが、1918年パリに出てアカデミー・ジュリアンに入る。しかし6か月学んだだけで独学を決意。文学、音楽、外国語などに多角的な関心をもって青年期を過ごすが、兵役終了後、8年にわたって画業を中断し、家業のぶどう酒商に従事し、1930年に彼自身の商会を設立しベルシーに住む。しかし33年ふたたび絵筆をとり、さらに顔をかたどった仮面や人形を制作。37年から5年間、再度、絵画を放棄してぶどう酒業に専念。第二次世界大戦気象観測隊に動員され、1942年から完全に画業に専念することとなる。「貴族的な芸術、あるいは礼拝堂の芸術」を否定し、自由な線描、油彩に砂やタールを混ぜた画面にグロテスクな、あるいはユーモアのある人物像などを線で彫り込んだ画風は、大戦後の新たな絵画として多くの批評家にもてはやされた。
 肖像画を「反心理学的、反個人的」と規定し、サハラ砂漠に三度飛行して「妖精(ようせい)的風景」を探求するデュビュッフェは、「文明の枠の外」にある狂気、弱者の芸術として彼の作品を構想し、それらを「アール・ブリュト」L'art brut(生の芸術)と名づけた。その後もポリエステルの彫刻など、自由な材料と自由な技法で、合理的精神の枠外にある人間や大地を表現し続けた。[中山公男]
『針生一郎解説『現代世界の美術21 デュビュフェ』(1986・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデュビュッフェの言及

【アール・ブリュット】より

…〈生(なま∥き)の芸術〉と訳されるフランス語。画家デュビュッフェによって精神病者・子ども・素人芸術家(部分的には素朴画家も含まれる)らの作品を指すために,1947年ころから用いられた。通常の美術概念の枠外で作り出されるそれらの作品は,無意識の世界から自発的に発生してくるとみられる。…

※「デュビュッフェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュビュッフェの関連キーワードアルトゥングクルーエナトアールフェーブルラブルールルアーブルアールブリュットオーベルシュルオアーズグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊ファンタン・ラトゥール

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュビュッフェの関連情報