コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエロー・オーカー(英語表記)yellow ochre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イエロー・オーカー
yellow ochre

絵具の色名の一つ。粘土質の天然黄色顔料。含水酸化鉄を着色成分とし,それに炭酸カルシウム炭酸マグネシウムケイ酸硫酸カルシウム,長石,白雲石粉などが含まれている。この天然土の顔料は,安定した性質をもっていて,油で練合せると不透明となるが,イタリア産のオーカーにはケイ酸の含有量が多いために透明度の高いものもある。油絵具としては乾燥がやや悪く,吸油量の多い顔料であるために乾燥後白亜化する傾向がある。またこの色を下層におくと,上層におかれた絵具につや引けが起ったり,亀裂を生じたりすることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android