コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオンレーザー ion laser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオンレーザー
ion laser

気体レーザーの1種であるが,中性ガスではなく,種々の元素のイオンのエネルギー準位を利用したレーザーである。アルゴンレーザーなど希ガスを用いたもの,亜鉛などの金属イオン,塩素などのハロゲン元素を用いたものなどがあり,かなりの高出力のものが得られ,各方面に利用されている。紫外領域の波長 116.1~124.0nmを発振する H2+ レーザーのような分子イオンレーザーもある。中性の原子や分子のエネルギー準位の遷移を利用する場合より,イオンは1つの物質で多くの準位の組合せが可能で,より広い領域の発振波長が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イオンレーザーの関連キーワードArレーザー色素レーザーKrレーザー

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android