コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イグアスの滝 イグアスノタキ

3件 の用語解説(イグアスの滝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イグアス‐の‐たき【イグアスの滝】

《〈スペインIguazú/〈ポルトガル〉Iguaçu》ブラジルとアルゼンチンとの国境にある世界最大級の滝。パラナ川支流のイグアス川にある。幅約4000メートル、高さ約70メートルで、ともにナイアガラより大きい。周辺の森林は両国ともに国立公園で、アルゼンチン側は1984年に、ブラジル側は1986年に世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

イグアスの滝

南米アルゼンチンとブラジルの国境をなすイグアス川最下流部にかかる、世界最大の滝です。 滝幅4km、最大落差約80m。 滝の両岸はアルゼンチンおよびブラジルの国立公園に指定され、世界遺産に登録されています。アルゼンチンから滝へのゲートウェイとなる町はプエルト・イグアス。アルゼンチン側の景観は、大小無数の滝がかかっているのが大きな特徴で、それを縫うようにして掛けられている遊歩道を歩きながらその景観を楽しむことができます。また、「悪魔の喉笛」を上から見下ろすような格好で眺めることができます。

イグアスの滝

ブラジルと南米アルゼンチンの国境をなすイグアス川最下流部にかかる、世界最大の滝です。 滝幅4km、最大落差約80m。 滝の両岸はアルゼンチンおよびブラジルの国立公園に指定され、世界遺産に登録されています。ブラジルから滝へのゲートウェイとなる町はフォス・ド・イグアス。滝へのアクセスポイントとなる3つの町のなかで最も規模が大きく、アルゼンチン側に行く場合でもここを拠点にした方が動きやすくなります。ブラジル側の景観は、それほど多くの滝はありませんが、一つ一つの滝が大きいのが特徴です。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イグアスの滝の関連キーワードパラグアイ戦争フォークランド戦争南米選手権アルゼンチンタンゴラテン音楽プエルトイグアスウルグアイ[川]パラグアイ[川]パラナ[川]ウジミナス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イグアスの滝の関連情報