コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサルコ火山 イサルコかざんVolcán de Izalco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサルコ火山
イサルコかざん
Volcán de Izalco

エルサルバドル西部にある活火山。標高 1830m。同国の最高峰サンタアナ火山 (2382m) の寄生火山で,その南に 1770年の噴火により形成された。その後もしばしば噴火し,その火煙は太平洋上の船からも望まれ,航行の目印とされた。現在中央アメリカで最も活発な活火山の一つで,山体は円錐形をなし,植生を欠くため黒い斜面をみせている。南西麓にイサルコの町がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イサルコ火山
いさるこかざん
Volcn Izalco

中央アメリカ、エルサルバドルにある安山岩質活火山。標高1950メートル。1770年にサンタ・アナ火山(2181メートル)の寄生火山として誕生し、1966年までしきりに噴火を反復、それまでの地面との比高650メートル以上に成長した。以後は噴気活動だけで小康を保っている。世界でもまれな新火山で、噴火は爆発型だが、溶岩流や熱雲も生じやすく、よく被害を出した。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イサルコ火山の関連キーワード諏訪

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android