イソアミルアルコール(英語表記)isoamyl alcohol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソアミルアルコール
isoamyl alcohol

化学式 (CH3)2CHCH2CH2OH 。単にアミルアルコールとも,3-メチル-1-ブタノールともいう。特有の臭いのある無色の液体。活性アミルアルコールとともにフーゼル油の主成分であり,毒性がある。品質の悪い清酒の中に含まれ,悪酔いの原因となる。沸点 132℃。水にわずかに溶け,他の有機溶媒とよく混合する。有機溶媒として用いるほか,アルカリ金属,アルカリ土類金属類の分析用分離抽出剤として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

イソアミルアルコール

 C5H12O (mw88.15).(CH3)2CHCH2CH2OH.香料として使われるが,中枢神経系抑制効果もあり,毒性もあるアルコール.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報